お腹が痛い女性とカプセル
  • ホーム
  • 十二指腸潰瘍の悪化を防ぐ日常生活の注意点

十二指腸潰瘍の悪化を防ぐ日常生活の注意点

十二指腸潰瘍は日常生活の乱れや過度なストレス、不適切な食生活などが原因で起こる病気です。
痛みや不快感が続いたら、早めに専門医を受診することが必要です。
十二指腸潰瘍は薬剤により治療が可能ですが、生活習慣や病気の原因をそのままにしていると、再発を繰り返す恐れがあります。
一度発症したら、食生活を含めて、日常生活を見直す必要があります。

十二指腸潰瘍が悪化する主な原因には不適切な食生活とストレスがあります。
さらに、睡眠などの休息を減らすことも病気を悪化させることにつながります。
十二指腸潰瘍を防ぐには、適切な食生活とストレスを避けた生活をし、睡眠や休息を十分にとることが必要です。
さらに、ストレスがあると食生活も不規則になり、睡眠も浅くなるなど、悪循環に陥る場合もあります。
そのような日常生活の乱れも、十二指腸潰瘍の原因となります。

十二指腸潰瘍を防ぐ生活改善では、自律神経を適切に保つことが必要です。
自律神経は交感神経と副交感神経に分かれ、それぞれが相互に作用します。
緊張を強いられる仕事のときなどは交感神経が働き、食生活や排便、休息のときには副交感神経が働きます。
どちらかの神経が過剰に働くことは、からだに良くありません。
生活習慣により交感神経と副交感神経の過剰な働きを抑えることが、十二指腸潰瘍を防ぐことにつながります。

十二指腸潰瘍を防ぐには、十分な休息が必要です。
睡眠が十分にとれない場合は、昼寝を増やすなどの対策が必要です。
普段活動の必要の無い場合は、横になって休む時間を増やすことも必要です。
人間のからだは、横になることで疲れを癒すことができます。

職場ではなるべく残業を避け、規則正しい働き方が求められます。
忙しさが続いた場合は無理をせず、長期の休暇をとることも必要です。
休み無しのからだの酷使は、十二指腸潰瘍の原因となります。

摂取する成分が十二指腸潰瘍の直接的な原因となる場合もあります。
脂肪分やカフェインの過剰摂取は、それだけで十二指腸潰瘍の原因となります。
潰瘍の原因となる成分の摂取は控え、暴飲暴食を慎む必要があります。
酒やタバコも潰瘍を悪化させる原因となります。

胃酸の過剰分泌を防ぐ食事について

十二指腸潰瘍の発症を防ぐためには、脂肪分やカフェインなど、直接病気を悪化させる物質の摂取を控えることが大切です。
さらに、脂分など、胃酸の過剰分泌を誘発する食品は控える必要があります。
動物性淡白には飽和脂肪酸が含まれ、消化の負担が大きくなるので、十二指腸潰瘍には良くありません。

十二指腸潰瘍は適切な食生活により快方に向かいやすくなります。
潰瘍によい食物は、キャベツやブロッコリーなどのアブラナ科の野菜です。
アブラナ科の野菜には、潰瘍を防ぐビタミンUが含まれています。
大根には消化酵素のアミラーゼが含まれているので、食品の消化を助けてくれます。
アミラーゼは胃酸過多を抑制する働きもあるので、潰瘍には良い影響を与えます。

十二指腸潰瘍の時には脂質の摂取を減らさなければならないので、動物性たんぱくも控える必要があります。
必要なたんぱく質をとるためには、脂質の少ない鳥のささ身や白身魚の摂取が効果的です。
特に魚類に含まれる油は不飽和脂肪酸なので消化が良く、動脈硬化を抑制する働きもあります。
たんぱく質の摂取では豆類が有効です。
豆類はそのまま食べると消化が悪いので、豆腐や納豆などの消化の良い食品を中心に摂取することが望まれます。

十二指腸潰瘍になったら、牛乳の摂取は慎重にする必要があります。
人によっては牛乳の消化が完全にできない場合があり、注意が必要です。
牛乳に含まれる脂質は消化に負担がかかります。
牛乳が飲めない体質の方には豆乳が勧められます。
豆乳には良質な植物性タンパク質が含まれているので、足りない栄養を補ってくれます。
十二指腸潰瘍を防ぐためには食生活の見直しやストレス対策など、病気以前の日常生活を見直す必要があります。