お腹が痛い女性とカプセル
  • ホーム
  • ネキシウムの副作用には肝酵素上昇がある

ネキシウムの副作用には肝酵素上昇がある

白い錠剤と葉

胃の痛みに悩んでいる方は、意外と多いと言われています。
そんな症状に悩まされている方の供としてネキシウムという薬がありますが、実は副作用があります。
このネキシウムという薬は、胃酸の逆流を抑える薬ではなく、胃酸の分泌を抑えるものであることから、元を断つことができ、大変効果的な薬とされています。
また、殺菌効果も強いことから、その他胃に関する疾患に対しても強い効果を発揮する、優秀な薬です。

そんな薬に副作用があるということですが、一体どういった作用が引き起こされてしまうのでしょう。
その副作用とは、肝酵素の割合が上昇してしまうことです。
と言われてもいまいちピンとこない方も多いかもしれませんが、この肝酵素の割合が上昇してしまうと、まず、肝機能が異常を来してしまいます。
すると、頭痛やめまい、下痢などの諸症状が表れるのです。

ネキシウムには、一般的に肝機能低下によるこれらの諸症状が副作用とされています。
けれども、薬全体をみれば、ネキシウムの副作用というのも微々たるもので、また、肝酵素の値が上昇してしまうのも体質によるものであり、大半の方は変動することはありません。
腎機能に対してはほとんど影響がないと言っても良く、腎臓病の方でも問題なく服用することができる安全性の高い薬と言えます。
けれども、長期間にわたり服用する場合は注意が必要です。
副作用が起こる割合が小さくても、肝臓にある程度負担がかかる薬であることは変わりないからです。

ですから、長期間の服用の際は、しっかりと肝機能と腎機能について定期的に調べて、慎重に服用していくことが大切です。
そして、もう一つ注意しておきたいポイントがあります。
それは、医師からの指示がない限り8週間連続しての服用をしてはならないという点です。
上記のように、連続しての服用は、慎重に行う必要があります。
ですから、安易な気持ちで服用することはせず、まず医師に判断を仰いでから安全に服用しましょう。

肝臓疾患を患っている人がネキシウムを飲めない理由

もうご存知のことかもしれませんが、肝臓疾患を患っている方はネキシウムを服用することができません。
脂肪肝や肝硬変等を患っていると、医師からも服用が止められるはずですから、知っている方も多いでしょう。

なぜ、脂肪肝や肝硬変等の肝臓疾患を患っているとネキシウムを服用してはいけないのか、その理由は、副作用が発生する割合が高くなってしまうからです。
先に述べた通り、ネキシウムは多少ですが肝臓や腎臓に負担がかかる薬です。
健康な方なら万一副作用が発生したとしても、頭痛や下痢程度で済むのですが、肝臓が弱った方ですと大変重い副作用を起こしてしまう可能性が高いのです。

例えば、肝炎だけに留まらず、腎炎も引き起こしてしまったり、白血球や赤血球が著しく減少する血液障害、そして皮膚障害までも起こってしまうこともあります。
これらは大変稀な例ですが、肝臓疾患を患っていると、こういった危険な副作用を引き起こしやすくなるのです。
ですから、ネキシウムは脂肪肝や肝硬変を患っていると、服用することができないのです。

このように、肝臓疾患を患っているとネキシウムは大変危険な薬なのですが、通常は主治医が判断して服用を止めてくれるはずです。
けれども、もし肝臓疾患を患っていると医師に伝えていなかったら、そのまま処方されてしまうでしょう。
そういった危険を回避するためにも、医師にしっかりと今服用している薬、そして現在治療中であることを伝えることが大切です。
また、手違いでネキシウムが処方されてしまう場合もありえます。
ですから、自分で判断して服用を止められるように上記で述べたことを覚えておくと良いでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧